バイトって結構社会勉強できるよね。正社員になるまでにいろいろ学びたい


by heliela54

カテゴリ:未分類( 10 )

私は学生時代に参議院選挙の開票のアルバイトをしたことがあります。2010年の夏の選挙です。

給料は交通費込みで3000円程度だったと思います。しかし、私は政治に強い関心を持っていたため、是非やってみたいと思い、このバイトに応募しました。私の派遣された会場は、100名くらいのスタッフがいたような気がします。

投票箱の中に入っていた投票用紙をひたすら上下揃えて重ねていくという作業でした。

守秘義務があるのであまり詳しい話は出来ませんが、既に亡くなった政治家の名前を投票用紙に書いている方などもいましたね。実働は1時間ちょっとだったので、時給換算すると割かし美味しいアルバイトだったかなと思います。
[PR]
by heliela54 | 2014-06-27 18:29
アルバイトは正社員とは違って、定年まで働くというものではありません。

大部分は決められた期間のみ行なう短期での仕事となります。労働時間もはっきりとした規定はなく、ちょっとした時間の合間に働くこともできるのです。

アルバイトは、最も自由な働き方が可能となる雇用形態といえるのです。

人にはいろいろな考え方がありますが、アルバイトで生計を立てながら一生自由気ままに生きる、こんな人生でもありのような気がします。

何も正社員の働き方ばかりが正解とはかぎらないのです。たとえ収入が安定しなくても自分の思い通りに生きることのできるアルバイト人生も、立派な生き方のひとつではないでしょうか。

最近はアルバイトの募集もインターネットで実施されることが増えてきました。テレビのコマーシャルなどでもアルバイトや求人募集のものが放送されているのを目にします。

私もアルバイトに応募する時はインターネット求人を利用しています。情報が新鮮なため、応募したのに締め切りになっていたということがほとんどありません。

締切日もしっかりと記載してあるので、応募者側としても応募がしやすいと思います。時給や待遇や勤務内容についても、しっかりと書かれていることが多く、応募企業を比較したり絞りやすいのも良いと思います。

どんな人が働いているのかだけは、入社してみないとわからないところが面白いところです。
パソコンの引越しバイトが気になる
[PR]
by heliela54 | 2014-06-17 14:33
先日は職場の外部研修で京都に行ってきました。
私の職場からは介護主任と介護職リーダーの私の2人が参加しました。
ちなみに研修内容は高齢者の疾病についてです。

私は介護主任の車に研修場所まで乗せて行ってもらった事もあり身体は楽でした。
研修場所である京都には8時前に到着したので京都駅前にあるファーストフード店で朝食としました。

この日は午前中も午後からもグループワークが主だった事もあり他施設の情報交換もできて勉強になりました。
研修が終わってからは介護主任と研修場所の近くにある中華料理店で夕食を食べてから自宅に帰りました。
[PR]
by heliela54 | 2014-06-13 10:47
毎年年末になると、知り合いのお蕎麦屋さんから声がかかって、年越し蕎麦の麺つゆをボトルに入れるアルバイトに駆り出されます。

期間は12月29日から31日のお昼までで、ひたすらボトルにおたまとスポイトで麺つゆを入れる作業です。

毎年の一年の締めくくりのアルバイトになっています。

この作業が終了したら、一年が終わるなぁという気分に浸っています。

そして、アルバイト代で、お蕎麦屋さんのお蕎麦を購入して家でお蕎麦を食べて新しいと年を迎えるのが恒例になっています。

また、今年もお蕎麦屋さんから声がかかるのを楽しみにしています。

今までアルバイトといえば求人情報雑誌を参考にして探していましたが、最近はネットでアルバイトを探す事が多くなりました。

ネットを利用してアルバイトを探す理由はいくつかありますが、情報量が豊富という点が一番大きな理由になっています。

近頃はサイトの改良も進んでいるので、職種や給与体系などを指定するだけですぐに気に入った仕事を見つける事が出来ます。

場合によっては雑誌には無いような職種や仕事の情報があったりもするので、見ているだけで楽しいです。

アプリも充実しているのであいた時間に仕事を探す事が出来るので便利です。
[PR]
by heliela54 | 2014-06-07 10:20

引っ越したら驚いたこと

私が引っ越して驚いたのは、レストランやお蕎麦屋さんなんかの外食で食べる店が、ことごとく量が多いことです。

以前住んでいたのは、東京のベッドタウンだったのですがそこで地元のレストランなどで食べた時に、記憶にあるご飯やパスタの量が基準として、ここの街は1・4倍くらい全体的にご飯の量が多いなーと感じています。

特に引っ越して初めて食べたこの街のレストランのパスタは「大盛り?」というくらいの量でした。
この店だけかなと思っていたのですが、どの店もすごい量です。

中華レストランは、チャーハンなどの飯類のお持ち帰り用の入れ物を用意してあるくらいです。

たくさん食べてね!が、この引っ越し先の文化なのだと思い少しうれしくなりました。


[PR]
by heliela54 | 2014-06-02 10:57

倉庫内バイトの作業

以前一ヶ月だけの短期バイトで、某大手デパートの倉庫でバイトをしたことがあります。

そこから全国に荷物を配送する中継地点だったのですが、初めての倉庫内作業で色々新鮮でした。倉庫内作業はバイトの定番だと思うのですが、結構時給が良く、朝から晩まで働いて、週5日もやると、結構なお金になるんですよね。

肉体的にはそれほど辛くないですし、結構割の良いバイトだと思います。ただ一つ気になったのは、基本室内にずっといて、荷物の整理や運搬、ピッキングをひたすらロボットのようにこなすので、一体自分は何をしているのかと、単純作業の連続で精神的にちょっと負担になる気がします。
[PR]
by heliela54 | 2014-05-27 11:03
テレビのCMなどでアルバイト情報誌の宣伝をしているのをたまに見かけることがあります。そういったCMに出演する若者たちは、みんなとても楽しそうでいきいきと仕事をしています。
もちろんCMなので多少の誇張は必要ですが、実際アルバイトをしてみるといきいきと働ける職場というのはないなと感じます。
以前私がアルバイトをしたときには、一番下っ端なのでこき使われっぱなしでした。もちろんこき使われても文句は言えず、ただ黙々と仕事をこなすだけです。なのでCMなどで見るいきいきとアルバイトをする若者は私の理想です。実際にそんなアルバイトがあったらなと思います。
[PR]
by heliela54 | 2014-05-26 11:01

忘れられないアルバイト

高校生の頃に飲食店でアルバイトをしていました。

ほのぼのとしている職場で、とても働きやすかったです。

お店が休みの日には、みんなで食事に行ったり、ボウリングをしに行ったりしました。

当時、調理場の社員さんのことが好きだったので、お店以外で会えるのがとても嬉しかったです。

でも、その社員さんには彼女がいると知っていたので、気持ちを伝えることはありませんでした。

高校を卒業して就職することになったので、お店を辞めることになりました。

お祝いのお金やプレゼントをたくさん貰って、とても嬉しかったです。

今までいろんなところで働きましたが、あんなにいい職場はなかったので、今でも忘れられません。

初めてアルバイトをしたことは鮮明に覚えているものですね、未だにあの頃のことを考えるとまだまだ社会のことが理解できていなくて周りの友達もドンドン仕事をするようになっていた時期でもありました。

そしてドンドンとアルバイトから正社員へと付いていく友達を見ていると私も早くアルバイトではなく、これって職業を見つけて安定しなきゃいけないなという考えに変わっていたのも覚えています。

でも当時はアルバイトが楽しくてズルズルとアルバイトを続けていましたが私も自分にやりたい仕事に付くようになりあの頃のアルバイトは今でも一番楽しかった仕事です。
[PR]
by heliela54 | 2014-05-25 18:22

コンビニエンスストアのアルバイトはなかなか難しいです。仕事はレジ打ちだけではありません。納品された品物を並べたり、雑誌を整頓したり、宅急便の受け入れもしなくてはいけません。それにタバコの販売もありますから銘柄を覚える必要もあるんです。そう考えるとコンビニエンスストアのアルバイトって結構大変かもしれませんね。

私は1年半位このアルバイトをしましたけど、いろいろな勉強が出来たと思います。そう考えるとこのアルバイトをやっていて良かったなあとも思いました。楽しいことも結構ありましたし、接客業は良いなあと思いました。


[PR]
by heliela54 | 2014-05-23 08:36

社会人になり、就職する事が大変だった時期がありました。その時に、アルバイトをして生計を立てていたんですね。元々、あがり症で人と話す事が苦手だった私でしたが、アルバイトを通じて鍛えられたと思っています。

お客様とのコミュニケーションを通じて、そこから学ぶことも沢山ありましたね。

時に厳しく、温かな真っ直ぐな言葉は仕事をする上で、とても貴重なご意見です。次の仕事へ活かすきっかけにも繋がりますね。

経験する事は全て意味がある、決して無駄ではないと思いますので、アルバイトをやってみようかなと迷っている方は、是非挑戦してみて欲しいと思います。お仕事を通じて、経験する事や学んだ事は、かけがえのない財産になると思いますよ。

これまで取り組んだアルバイトの中で、辛かったけど行って良かったと感じたのは引越しのアルバイトです。私は貧乏大学生だったので、色々なアルバイトを行ってきました。いつもは深夜帯のコンビニで働いており、土日等の日中に働ける場合は単発のアルバイトを行っており、そこで引越しの仕事を紹介されたのです。

当初は荷物が重かったり、エレベーターが無いマンションで1階から5階まで荷物を運んだりなど、辛いとしか思えませんでした。しかし何度もこのアルバイトを行っていると力が付いたようで、少しくらい重い物でも単独で軽々と持てるようになりました。最終的には行って良かったと考えています。


[PR]
by heliela54 | 2014-05-22 19:33